全身脱毛では取れません

脇にホクロがある人の中には、その部分からもムダ毛が生えていて、全身脱毛をすることでその部分の毛も処理してもらいたいもの。

ムダ毛の黒さはメラニン色素によるものですし、ホクロの黒さもメラニン色素によるものです。

しかし、皮膚のメラニン色素に対して光やレーザーを照射してしまうと、皮膚細胞が熱反応を起こして火傷のリスクが高くなってしまうため、基本的にはエステサロンでもクリニックでも、ホクロに対しては施術をすることはできません。

ギリギリのところまで施術してもらうことはできますが、うっかり照射してしまうと激痛になるので気をつけてください。

同じメラニン色素なら、光やレーザーを照射すれば色が薄くなったり取れるのではないかと考える人は多いものです。

しかし、毛根の中の毛母細胞と、ホクロができている位置には深さという点で大きな違いがあり、脱毛のための波長に調整されている機器では、深い部分まで波長が到達できません。

それに、仮に照射したとしてもかなり痛いだけで、色を薄くしたりとか消すという点ではほとんど効果はありません。

どんな選択肢があるのか?

全身脱毛をするとき部分的に施術できないと言われたけれど、ムダ毛も生えているから何とかしたいという場合には、どうすれば良いのでしょうか?

いくつか選択肢はあります。1つ目は、美容皮膚科などで除去術を受け、まずはホクロをなくした上で全身脱毛を受けるという方法があります。

除去術には肌の奥深くまで波長が届く炭酸ガスレーザーが適用されることが多く、皮膚麻酔をした上でサッと除去できます。

完全に皮膚が治癒するまでにかかる時間は1週間〜2週間程度と短いので、全身脱毛の施術の間にホクロを除去してしまうのも良いでしょう。

2つ目には、その部分から生えているムダ毛が数本だけなら、さっと電気シェーバーで対応するという方法があります。

ホクロの部分はサロンで脱毛してもクリニックで施術を受けても効果はありませんので、ホクロを残すという選択肢をするなら、そこから生えているムダ毛も永久脱毛ではなく便利なお手入れ方法を選択すると良いでしょう。

数本ならで電気シェーバーでサッと数秒でお手入れできるので、面倒さも省略できそうですね。

Pick up

BLOG

新着情報