自己処理でかさぶたができると色素沈着などを起こすことがある

ムダ毛の自己処理をしたことなどで、埋もれ毛ができてしまうことがあります。誤って毛穴を傷つけてしまうこともあるでしょう。

傷が付いてしまうことで、かさぶたなどで毛穴が塞がれてしまい色素沈着を起こすことや毛包炎になってしまうことがあるのです。

埋もれ毛による色素沈着は、治すことが難しいので治るとしても時間がかかってしまいます。普通の埋もれ毛は時間が経ってしまえば自然と抜け落ちます。

しかし、毛穴にかさぶたができて塞がってしまった状態であれば、皮膚組織を突き抜けて育つことから、その刺激によって炎症を起こしてことがあるのですね。

よって、埋もれ毛が気になる場合には早いうちに皮膚科などを訪れることが大切です。

医療レーザー脱毛で埋もれ毛の処理ができる!

埋もれ毛を直すならば、医療レーザー脱毛を利用することが適しています。医療レーザー脱毛を受けたなら、数回治療を受けるだけでトラブルの元となっている毛の根元からなくすことが望めます。

それに永久的な効果が見込める点が魅力ですね。医師に施術をしてもらうならば、より安心でしょう。医療レーザー脱毛にはYAGレーザー、ダイオードレーザーがありますが、アレキサンドライトレーザーと言う種類もあります。

美容効果もあり、シミやたるみの治療にも用いられるものです。アレキサンドライトレーザーなどの医療レーザー脱毛を受ければ、埋もれ毛の治療に加え美容効果も得られるということですね。

レーザーはメラニンの色素に反応して毛根を死滅させます。レーザーは皮膚を通過するために、もし毛が肌に埋まってしまっていたとしても熱がきちんと届いてくれるのです。

Pick up

BLOG

新着情報